TOPへ戻る

朝8時半から土曜も診療しています。
一部保険適用可能
当院は完全予約制です。

田園都市線 宮崎台駅徒歩2分
川崎市宮前区宮崎2-9-3 2F

カテゴリ: ドクターブログ

新年の抱負

あけましておめでとうございます!

院長の髙木です。

昨年9月に念願の自分の城を持つことができ、日々慌ただしくしているうちに年が明けた感じです。しかし、今までのように人の病院で理不尽な考えを押し付けられたり、よく分からないルールに締め付けられることから解放され、自分の正しいと感じるままに診療できる喜びを実感しながら充実した毎日を過ごせています。(保険診療のルールは厄介ですが。。)

昨年は生活にも大きな変化があり、ひょんなことから始めた断食以来、砂糖を一切食べなくなりました。おかげで1年前と比較して10キロほどスマートになったのですが、ダイエットが目的ではなく、他に意図するところがあります。

それは、口の中の疾患を食事で予防できないかということです。

口は体の一部ですから、全身の健康と切っても切り離せない関係があります。糖尿病の人は歯周病になりやすいですし、ホルモンバランスが崩れれば唾液量が減少し虫歯のリスクが高くなります。全身を健康にするためには十分な栄養を口から摂取しなければなりません。そのためには十分な咀嚼ができ、栄養を十分に取り込むことができる状態が必要です。

人間は一人一人、骨格も違えば筋肉のつき方や歯の形も違います。そして、歯はどうしても経年的にすり減ってきます。歯ぎしりなどの習癖があればその変化を加速させます。そのような多様な患者さんに対し、10年後を見据えた治療を考えていくことは今までと変わらず行っていくのですが、虫歯や歯周病になった原因をもっと明確にしてそれを取り除くことで10年後の健康をより確実な物にしたいという思いがあります。

そのためにはどのような栄養を取り入れる必要があるでしょうか?

巷にはマクロビオティックや菜食主義、フルータリアン、糖質制限、カロリー制限、原始人食などたくさんの食事法やダイエット法が紹介されています。時代が変われば健康法も変わるといった具合に、これといったものはまだ確立されていないように思います。個人的には本を書くつもりもないので、何を食べればいいのか一つ一つ論文や文献を調べながら患者さんや、周りの人たちに情報を提供できればと思います。ですから、砂糖をやめたのもその一つで何か体に異変があれば報告したいと思います。

従って、今年の抱負は『理想の食事法を確立すること』、そして健康であるための食事ですから『風邪をひかないこと(やせ我慢も可)』、そしてできれば一般の人に栄養学のお話しをする機会が設けられればと思います。

今年もオーラルクリニック宮崎台をどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ

エイジング(加齢)について

クリスマスに少し美容に関する話をします。

人々のアンチエイジングに対するモチベーションが上がり、関連商品もとても良く見かけるようになりました。化粧水であったり、食品であったり、ヒアルロン酸の注射であったりと形は様々ですが、ほとんどの人は何かしら手に取ったことがあるのではないでしょうか?そして、それらは本当に効果があるのでしょうか?

誰しも加齢に逆らうことはできません。しかし、老化を加速させる要因をなるべく排除し、正常な老化の状態に近づけ、健康長寿を目指すことは誰でもできることなのです。『酸化』・『糖化』という言葉をご存知でしょうか?老化はこの酸化と糖化によって進行します。

酸化とは、メディアでよく取り上げられる話題ですね。ヒトは呼吸をする度に活性酸素を発生させています。1日に身体が取り込む酸素は700〜800リットルで、その1〜2%が活性酸素になります。活性酸素は免疫細胞の働きを助ける重要な物質ですが、一方で老化の原因であることが明らかになっています。
活性酸素は、細胞内のミトコンドリアや核のDNA、さらに細胞膜を酸化させ、傷つけます。活性酸素の攻撃にひとたびさらされると、酸化の連鎖反応が起こり、細胞膜の機能を果たせなくなり、細胞は死んでしまいます。
人にはこの活性酸素を分解する酵素も存在します。その酵素をSOD(スーパーオキサイドジムスターゼ)と言います。SODは30代までは活発に働きますが、40代以降ではSODの働きは低下して老化が加速します。
呼吸以外にもタバコやストレス、紫外線も活性酸素が増える原因であり、運動不足はSODの活性を妨げます。ですから、老化の原因は生活習慣の中にあるといえます。

糖化とは、身体の中で糖がタンパク質や脂質と結びついてタンパク質が変性しAGEs(最終糖化産物)という老化物質を発生させる反応を言います。このAGEsが真皮コラーゲンに蓄積すれば肌の弾力が失われてたるみやくすみ、シワの原因になります。血管に溜まれば動脈硬化、骨に溜まれば骨粗鬆症の原因になるわけです。
中でも果物に含まれる果糖での代謝の中間体である「グリセロアルデヒド」がくせ者です。グリセロアルデヒドから作られるAGEsは『Glycer AGEs』と呼ばれ、他のAGEsよりも毒性の強いAGEs『TOXIC AGEs:毒性AGEs』と考えられています。Glycer AGEsがAGEs受容体であるRAGEに結合すると、大量の活性酸素を生み出すことがわかってきました。当然、ブドウ糖からもグリセロアルデヒドが作られ、TOXIC AGEsが作られます。

ですから、本当にアンチエイジングを考えている人は市販されている商品に頼るのではなく、この酸化・糖化を進行させない食事を心がけることが最も重要なことなのです。

甘いお菓子やジュース・果物を大量に食べながら、高価な化粧水を使用している人なんかは本末転倒ですね。

何事も大量に摂取しすぎると老化を加速させる原因になってしまいますので皆さんも注意してください。
この酸化と糖化の予防はまた別で書こうと思います。来院された際は気軽にお聞き下さいね。

それでは、メリークリスマス!!

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ

咀嚼!!!

咀嚼(そしゃく)とは食べ物を噛んで飲み込みやすいように小さくする運動のことですが、現在では様々な効果が報告されています。よく噛んで食べることにより、脳の働きを活性化したり、満腹中枢を刺激して肥満の予防になったり、消化が良くなるため美容に良かったりと、とても大切な運動であることは明らかです。

最近、小児の矯正相談が増えてきたように感じます。もちろん我が子にはきれいな歯並びであって欲しいですし、親も子も美意識が向上してきているのだろうと感じます。今も昔も歯並びの悪い人はいますが、はたして遺伝的な要因のみが原因でしょうか?そして、歯列不正は予防できないのでしょうか?

現在では咀嚼と骨格の成長には緊密な関係があると考えられています。90年代にVarrelaは中世と現代のフィンランド人の頭部をレントゲン写真により比較し、頭蓋顔面骨格の成長は咀嚼負荷によって規定されると述べています。これらの研究などからヒトにおいては軟らかい現代食が顎顔面 領域の骨の成長に影響を与えている可能性が推測されると発表しています。確かに縄文人に比べ現代人の骨格はシャープになっていますので咀嚼の影響と言えます。ですから、現代では『あまり噛まない』『噛めない』『丸のみする』人が増えているのです。

では、しっかり咀嚼する習慣はいつ身に付くのでしょうか?
まず赤ちゃんは舌と口蓋(上あごの歯ぐき)を使って乳首を吸います。
離乳初期の生後5~6ヶ月でドロドロの離乳食を唇を閉じて飲み込むことを学習します。ここからが咀嚼のスタートになります。
離乳中期の生後7~8ヶ月で食べ物をモグモグと舌でつぶして食べるようになります。ここで舌と唇の協調した動きを学びます。
離乳後期9~11ヶ月で上下の歯ぐきで食べ物をつぶして食べるようになるため、下あごの動かし方を学びます。この歯ぐきで食べる時期がとても重要でものをしっかりと噛む習慣はこの時期に身に付くのです。ここで成人と同じ硬さのものを食べさせようとすると、しっかり噛めずに丸のみを習慣化させてしまいます。ですから、『歯ぐき食べ期』は顎の成長発育を考えると15~18ヶ月まで続けた方がベターでしょう。
そして摂食パターンは18~24ヶ月で臨界期を迎え、その後のパターンの改善は難しく、生涯変わらないものとなります。

しかし、大人でもしっかり意識して噛むことで習慣化させることは可能であると考えていますので諦めないことが肝心です。

そして、生まれたばかりの子供のいる親御さんは子供に『早く早く』を押し付けず、離乳食を根気づよく作って健全な成長を見守って欲しいものです。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ

予防歯科?フッ素のホント

開院するにあたり、本当に良い治療とは何なのか、真剣に考えました。そして今まで当たり前だったことも見直してみました。するとこんな事実に行き着きました。

フッ素は大量に摂取すると急性中毒を引き起こし、極量を超えると死に至る毒性の強い物質です。歯科領域におけるの使用量は致死量に達することはまずありえませんが、骨髄などに蓄積されることが明らかになっています。その副作用として、IQの低下(知能の発達障害)、若年男性の骨肉腫や、癌、松果体の石灰化、性的成熟の遅延、タンパクの変性による様々な障害(甲状腺機能亢進症など)を引き起こすことが分かっています。

かつてはフルオロアパタイトの形成による歯質の強化により、虫歯の予防効果を発揮すると言われていました。しかし実はフルオロアパタイトは形成されないことがはっきりしてきました。代わりにフッ素が局所に留まることで、う蝕原性細菌の増殖抑制効果がむし歯を予防するという考え方になっています。

ところが、フッ素のう蝕病原細菌の増殖抑制効果こそフッ素の毒性を示しており、フッ素が毒であるために虫歯の原因菌を殺しているのです。こんな猛毒を口の中に留めることが、人体に良いはずもありません。フッ素は永久的に口の中に留まることは無く、唾液とともに飲み込まれ、体内に蓄積していきます。

腸に腸内細菌がいるように口の中にも常在菌がいます。そして、常在菌は身体を守ってくれているのです。むやみに常在菌をやっつけてしまうと、菌のバランスが崩れ、新たな病気の原因になったり、健康を損なう可能性もあります。

フッ素塗布やフッ素洗口が虫歯の罹患率を減らしたという論文はありますが、それと同じくらい効果が無いという論文もあります。結果、製薬会社が多額の研究費を出した研究というものは会社に有利な結果が出るようになっています。ですから、虫歯予防に目をとられ過ぎて、ここまで為害性のある物質をリスクを負ってまで体内に取り込むのはあまりにも短絡的な思考なのです。

以上のようにフッ素イコール虫歯予防ってほんとにどうなの?身体に害のあることを推奨して、いったい誰が得をするの?(儲かるの?)って真剣に考え抜いた結果、当院ではフッ素は一切使用しないことにしました。なぜなら、もっと安全に虫歯を予防する方法があるからです。

むし歯を予防するということは、新たに虫歯を作ってはならないということです。根本的には砂糖を食べなければ虫歯にはなりませんし、免疫機能や栄養状態がしっかりしていれば虫歯や不正咬合になりません。これは極端な話ではなく、ごく自然な原因療法なのです。絶対無理とういう人も徐々に砂糖を減らしていくことも可能です。ジャンキーが薬を抜いていくように…そして、多くの人が虫歯もなく健康で、病気の本質である食事の取り方を知り、砂糖の摂取もなくなれば、確実に日本が健全ないい方向に向かっていくものと信じています。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ

ムシ歯の原因!!

こんばんは。

院長の髙木です。

 

最近、若いご夫婦がお子様を連れて良く来院されます。その時によく聞かれることがあります。

『ムシ歯を予防するにはどうすればいいですか?』

答えはこうです。

『根本的な原因はプラーク(歯垢)ですからプラークが増えないようにすることを心がけてあげてください。』

巷ではムシ歯予防イコールフッ素という根拠の無い情報で溢れかえっています。僕も開業するまでは常識的なものとしてフッ素を塗布していました。しかし、自分の医院で使うものですから、全ての薬剤を片っ端から使用する利点と欠点を調べていた所、何とフッ素は身体にとても害のあるものであることに気付きました。ですから、なるべく使わないようにしようと思います。その内容は今度お話しますね。

まず、当院で指導する際は必ず悪くなった原因を説明します。原因が分からないまま治療しても必ず同じ症状が再発しどんどん状態が悪くなってしまうからです。ムシ歯や歯周病、顎関節症、当然プラークコントロールもです。

ブラッシングが大切なことは当たり前ですが、それよりももっと影響するものがあります。それが『食生活』です。

ムシ歯は砂糖(ショ糖)によって生産されます。ですので、どのような食生活をすれば予防しやすいかを説明します。もちろんお子様の状況(保育園など)も考慮した上でアドバイスさせて頂きますが、親が砂糖の危険性を理解しないとどんなにブラッシングを頑張ってもわずかな磨き残しからムシ歯が発生してしまいます。では、どんな食べ物がいいのか、悪いのかを日々追求しながら診療しているこのごろです。

当院は今後、子供からお年寄りまでの予防に力を注ぎ、皆さんの健康を増進するよう考えて行きたいと思います。

つまり、『栄養学』を歯科に取り込んでいくことで身体を根本から見直す一つの機会にして頂ければ幸いです。これからもどんどんエビデンス(根拠)のある確実な情報を皆様にお届けしたいとおもいます。よろしくお願いいたします。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ

ブログ開始します!!

みなさん、こんにちは!

オーラルクリニック宮崎台 院長の髙木です。

開業して約2ヶ月、たくさんの患者様に来院して頂き、少しでも社会に貢献していけるよう日々奔走しております。

クリニックの紹介がてら、個人的な一つの夢が叶ったのでアップさせて頂きます。

当院ではインプラントや審美歯科、矯正歯科、予防歯科など総合的に考慮した治療プランを提示させて頂いております。

その中で、先日行ったインプラント手術を紹介します。

写真 3

歯周病が全体的に進行し、ほとんどの歯が保存困難でした。患者様は義歯の使用をどうしてもと拒否されたので抜歯と同時にインプラントを埋入し、仮歯まで装着した状態でお帰りになりました。劇的に顔が変わったため、とても喜んで頂けましたが、長時間の処置で大変お疲れだったと思います。ご苦労様でした!

このケースは学生時代からの親友である河合先生と一緒に行いました。彼とは学生時代からの親友で、仕事をし始めてからお互いに真のプロフェッショナルとは何かを考えてそれぞれの道に進み、ついに一人の患者様を一緒に治療するという15年越しの夢が叶った瞬間でした。

アメリカでも有名なDII(デンタル インプラント インスティトゥート)という歯科医院に勤務されている世界レベルのその腕は素晴らしいものがあり大変勉強になりました。

写真 1

これからも患者様の幸せのため、最先端の情報を取り入れ、発信して参りたいと思います。

今後ともオーラルクリニック宮崎台をよろしくお願いします。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:ドクターブログ