TOPへ戻る

朝8時半から土曜も診療しています。
一部保険適用可能
当院は完全予約制です。

田園都市線 宮崎台駅徒歩2分
川崎市宮前区宮崎2-9-3 2F

お知らせ

評論家の評論②

「誰も未来を予測することはできない。」

その裏付けとして、ペンシルベニア大学の心理学のフィリップ・テトロック教授の「Expert Political Judgment:How Good Is It?How Can We Know?(専門家による政治予想はそれだけ的中するか?)2005年」という本にまとめてあります。これは「専門家の予測」というものを20年にわたり研究したものです。

一般の視聴者や読者は、専門家や評論家が一般には手に入らない情報や人並みはずれた洞察力を持っていて、それを全力で未来の予測として視聴者や読者に提供しているという妄想を抱いています。しかし、そんな評論家や専門家は全く存在しません。

この本の結論として、未来を予測することについては、日頃から膨大な時間を専門分野の研究に費やし、それで生計を立てている評論家達もダーツを投げるサルも変わらないということでした。結局のところ未来を予測するなんて、どんなに勉強したところで確率論には劣ってしまいます。しかも余計な知識が邪魔をして現実とかけ離れた方向へ思考が行ってしまいがちとの結果も出ています。従って評論家が経済や国交関係などの展望を語るようなつまらないテレビ番組は見るに値しないですね♫

さらにテトロック教授は専門家を「ハリネズミと狐」になぞらえています。それは「狐は多くのことを知っているが、ハリネズミはでかいことを1つだけ知っている」という古い詩句から来るものです。

ハリネズミは1つの世界観をもっていて、どんな出来事も一貫したフレームワークでしか説明できない人を指しています。持論を決して曲げず、明確な意見を持っている点では、意志の強いとか芯がしっかりしてるなどと言われそうですが、間違った方向にも突き進んでしまい、途中での修正が効きにくい点も持ち合わせています。

一方、狐は複雑な考え方をします。物事を単純に見ず、いろんな方面から物事を考えることができます。その時代において、1つの事柄や思想が歴史を動かしているとは考えず、いろんな要因や力関係が複雑に絡み合って現実世界が決定されていると考えます。

テレビ番組を観察していると、よく見かける評論家はこぞってハリネズミ型であることがわかると思います。勢い良くまくし立てるほうが、エンターテインメントとして成立しやすいからでしょう。テトロックの実験ではハリネズミ型よりも狐型の評論家の方が優れた成績を収めました。しかし、好成績というわけではなく、ダーツを投げるサル程度です。

ここで言う未来予測とは長期予測のことであり、目の前の事がこうするとこうなる程度の予測は短期予測と言います。評論家の持ち味はこの短期予測であり、その知見には大いに価値があると考えられます。従って、長期予測と短期予測の境目がはっきりすればわかりやすいのですが、今のところ誰も答えを出せていません。

そう考えると、歯科治療も長期予測ってとても難しいということを思い知らされて来ましたし、短期予測は用意であることに気付かされます。「予防」は現段階では長期予測になりますので予測不可能ですが、いろんなデータも出てきているので短期予測になる日も近いのではないかと考えています。虫歯を作らないのが当たり前の世の中になるように、歯科における長期予測と短期予測のボーダーを手探りで進んでいきたいと思います。(おわり)

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

評論家の評論①

日頃あまり見ないテレビをたまに付けてみると、ニュースや情報番組に出ている評論家が気になったので評論家の評論を書いてみます。

評論家とは、専門的な知識を持ち合わせたスペシャリストで、その道の第一線で活躍しているて、その分野の将来を明確に予測できると勘違いされている方も多いのではないでしょうか?

ナシーム・タレブの「ブラックスワン」の中に「私たち(人間)は過去につじつまの合った後解釈をし、それを信じ込む傾向がある。そのせいで、自分たちの予測能力に限界があるとはなかなか認めたがらない。あらゆることが、後知恵で見れば意味を持つ。」と記しています。

金融エコノミストがその日の出来事について説得力のある説明をできることも、これに準じています。平均株価や円やドルの浮き沈みも、過去の事象を説明するだけでそれに対してつじつま合わせをして意味を持たせています。それだけでなく政治や戦争、社会の動向やスポーツに至るまで、いろんな専門家・評論家という人達がもっともらしい説明を展開しています。しかしそこから始まる未来の予測は全て過去のことから作り上げられた物語で正確さなどありません。誰も未来を予測することはできないからです。

もちろん、わからない人にわかりやすく説得力をもって説明するのが彼らの仕事なのでそれを否定する気は全くありません。むしろ、影響力の大きい評論家であれば民意を先導して、政治にも影響を与えることもできるかもしれませんが、未来のことを予測したところで何の意味も持ちません。予測が当たっても当たらなくても現状が変わっていかなくては何も意味はないのですから。

そして、彼らは未来など分からないにも関わらず自信満々に答えなくてはなりません。ニュース番組などでアナウンサーに今後の展望を質問された評論家が言葉を濁してしまったり、曖昧な言葉で逃れていたりする光景を目にすると、気の毒だなぁと思います。

では、評論家が未来予測をできない所以を説明していきます。(つづく)

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

インプラントについて

インプラントは1962年以来、人の歯に置き換わるものとして研究・改良を繰り返されてきました。そして年々症例数も増え、現在では失った歯を補う方法として第一選択とされています(もちろん禁忌症を除く)。

そんなインプラントですが、「一生もつんですか?」とよく聞かれます。世の中には「一生もちますよ。」と平然と言って金儲けをする悪徳歯科医もいるかもしれませんが、僕はそう思っていません。

もちろん高い治療費を払ってまでしっかりと噛みたい、キレイに治したいと考えて決断されるわけですから、高度な知識と技術をしっかりと身に着けておくのは当たり前です。そして常に情報をアップデートしながら最善のメインテナンスを行っていかなくてはならないと考えています。

しかし、それでもインプラントの周りの骨が吸収してきたり、インプラントと歯茎の間から膿が出てきたりすることもあるようです。身体が健康で全身疾患もない場合は完全に技術的なエラーと考えて良いでしょう。オペ中の感染だったり、上部構造(インプラントの歯冠部分)の不備が原因と考えられます。しかし、高血圧や糖尿病などの全身疾患のある方や向精神薬などの薬を飲んでいる方のインプラントのトラブルには上に記したものの他に重大な原因が潜んでいます。

事故などの外傷や歯を失われた方を除いて、インプラントにならざるを得ない理由として、歯周病で歯を保存できない、虫歯が進行して保存できない、差し歯にしたら根っこが割れた、根の治療がうまくいかず保存できない、などが挙げられます。結局、歯周病と虫歯がなもとの原因です。

どちらも慢性病変なので適切なアドバイスのもとで食生活や生活習慣を改善することで予防できます。しかし予防することなしに、「この歯は残せないからインプラントを入れましょう。」なんてことは下衆の極みで、そんなインプラントは一生持てばラッキーです。ギャンブルです。そもそもの予防が確立してない状態でのインプラントは再治療による高い代償を払うハメになります。

インプラントの周囲歯肉の炎症も歯周病も原因は同じです。それは、「免疫力の低下」によるものです。口腔内常在菌である歯周病菌は消えてなくなることはありません。歯石を除去したりプラークコントロールを徹底することで状態を保つことも重要ですが、それでもさらに免疫が低下してしまうと歯周病菌の感染はどんどん進行してきます。そしてしまいには骨を吸収させてしまったり、膿が出てきたりするわけです。

結局、高い免疫力を維持することは歯周病や虫歯を予防することのみならず、全身的な慢性疾患も予防することができます。そのために必要なことはまず、身体の栄養状態を改善し、免疫を落としうる食品をできるだけ避けること。糖の摂取を抑え、ホルモンバランスを整えることがとても重要です。そもそも歯を失う前に、歯を削る前にそのことに気づけてさえいれば、一生自分の歯で食べ物を噛むことができるんですけどね。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

8月休診日

大好評につき、ホワイトニングキャンペーンを8月いっぱいまで延長します。

この機会に皆さんもぜひ、白い歯を手に入れてください!!

8月は勉強会参加とお盆休みのため、2日、13日、14日、15日が休診になります。

猛暑日が続いておりますが、皆さん体調管理にくれぐれも注意してお過ごしくださいませ。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

7月休診日

IMG_3926

6月27・28日は日本顎咬合学会に行ってきました。

たくさんの先生のお話を聞けて大変勉強になりました。そして、久々の発表で緊張しましたが、もっとレベルの高い臨床を目指して頑張ろうという気持ちになりました。

では、7月の休診日です。

7月13日AM・15日・20日・26日です。

そろそろ梅雨も終わり、本格的な夏になってきますが、しっかり予防に精を出していきましょう!!

 

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

6月休診日

IMG_3850

たまには、父親らしいことをしようと思い、子供に絵本をプレゼントしました。

世の中の核心をついたスピーチで有名なホセ・ムヒカ大統領の演説の絵本です。うちの子はまだ4歳ですが、この本を読んであげると『貧乏とは欲しがること』『一番大事なものは命』と少しだけ学んだようです。世の中には粗悪なものがあふれていて、それは医療にも言えることだと改めて実感しました。子供達が大きくなって、この本のもっと深い意味が理解できて行動できるようになってくれるといいな♪

では、6月休診日です。

27日、28日を学会発表のため休みます。宜しくお願いします。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

5月の休診日

今年もはや1/3が過ぎましたね。そしてオーラルクリニック宮崎台は開業8ヶ月目となり、ますますパワーアップしています。
スタッフ一同、虫歯のない世の中を実現することはできると信じて日々精進しております。
中でも、予防の根本となる食事・栄養指導は保険治療で認められているものではありませんので、カリエスリスクテストや血液検査などと合わせて行っております。時間のあるときはサービスで行ったりもしていますので気になることがあったら相談してくださいね。

5月の休診日
5月3日〜6日、 10日(日)となります。

ご迷惑をお掛けすますが、宜しくお願いいたします。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

3月休診日

更新が遅くなりご迷惑をおかけします。院長の髙木です。

先月は次男の出産もあり、妻の入院中は長男と2人の生活でした。朝は弁当をこしらえて、幼稚園の送り迎えと、洗濯やゴミ出しなど、普段見て見ぬふりをしていた家事に悪戦苦闘の日々でした。家事がこんなにも大変なのかと今までの怠慢を反省し、もっと妻に感謝しなければならないという気持ちになりました。

ようやく落ち着いたかと思えば、今度はパソコンがクラッシュしてしまい、データはなんとか取り出せたもののしばらく使用できない状態で、踏んだり蹴ったりでした。まだまだ問題は山積みですが、当院は今日も元気に予防歯科に取り組んでおります。

休診日のご案内

3月20、22日はセミナー出席のため、午前のみの診療となります。

21日は祝日ですので休診いたします。

まだまだ寒い日が続きますが、体調に気をつけてお過ごし下さい。

 

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

2月の休診について

こんにちは 副院長の髙木若菜です。

実は今日が出産予定日だったのですが、何も兆候がなく本日も出勤していると思います(笑)お腹の住民さんと対面できる日が待ち遠しい日々です。

 

ご報告、遅くなってしまいましたが

2月の休診日は11日建国記念日のため、また、22日は勉強会出席のため午後から休診となります。

 

立春とは名ばかりで寒さ厳しい日がまだまだ続きますね。春が待ち遠しいことです。皆様もお身体に気をつけてお過ごし下さい。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ

1月休診日

こんにちは 副院長の髙木若菜です

今年もあと僅かとなりましたね。当院の年内の診療は本日30日から休診となりました。
年始は 1月4日(日曜日) から診療開始となり、1月12日(月曜日)は祝日、 18日(日曜日)は勉強会のため休診となります。

 

昨日は年末の大掃除を終え、スタッフの皆と楽しい、美味しい忘年会を行いました。
1419861085467

心せわしい年の暮れ、何かと御多用とは存じますが、皆様も何卒お気をつけて年末をお過ごしください。
来る年が、幸多き一年でありますようお祈りいたしております。

 

 

【オーラルクリニック宮崎台】丁寧な説明/上質な歯医者・歯科

 

 

日付:  カテゴリ:お知らせ