TOPへ戻る

朝8時半から土曜も診療しています。
一部保険適用可能
当院は完全予約制です。

田園都市線 宮崎台駅徒歩2分
川崎市宮前区宮崎2-9-3 2F

虫歯治療

当クリニックの虫歯治療に対する考え方

「虫歯になっても削ってしまえばいいや」と思っていませんか。

虫歯は一度治療したら同じ場所に再発しないとは限りません

残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。

硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・。

このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。



そして、一度、治療した歯を再治療する際には、以前よりも虫歯が広がっていることになるので、さらに大きく歯を削る必要があります。

この再治療のサイクルを繰り返すことで、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そしてインプラント・入れ歯の流れをたどることとなってしまいます。


このようなことから、
「いかに歯を削る量を少なくするか」
が、患者様のお口の健康を守る私たちの使命となります。

拡大鏡を使用した、「精密な」治療

簡単に言ってしまうと、歯科用「顕微鏡」を使って歯の治療をするという事です。

拡大鏡を利用した際の方が、大きく見ることができるので、当然こちらの方が「精密」な治療が可能になります。



すべての虫歯治療でこの機器を活用するわけではありませんが、この機器のおかげで、歯の悪い部分をピンポイントで見つけることができ、歯を削る量を最小限に抑えることに成功しています。

また、この拡大鏡は虫歯治療だけでなく、他の治療にも当然応用ができますので、全ての治療で「精密」で「丁寧」な治療が可能となります。

GRADIA DIRECT(グラディア ダイレクト)

当クリニックでは、約40種類の色調の組み合わせて天然歯の色調を再現する GRADIA DIRECT という治療を行っています。

見た目もさることながら、一定の強度があるので、強い力のかかる奥歯の詰め物にも使用することができます。

治療例

歯を削る量を必要最小限にして、コンポジットレジンで修復した例です。

治療例1

治療前治療中治療後

治療例2

治療前治療中治療後

虫歯治療後は神経が過敏になり痛みや知覚過敏などの症状が出る可能性があります。